Premiere Pro CC のキーボードショートカットのグラフィック表示の仕方がわからない

2018年8月23日

adobeソフトって機能が多いから本当につらい。一番信用できるソフト会社で尊敬していますけどただしわかりにくい。macromediaの方が私には合ってしましたけど、adobeに吸収されてしまいました。ですからadbeを使わせていただくわけですが。それでもどんどん機能充実させて凄いのですが、好きなソフトと言うより仕方なく使う感じです。

キーボードショートカットのグラフィック表示

さてさてちょっと前にまた素晴らしいのですけどadobeのわかりにくい事案が現れました。さすがは天下のadobe様は素晴らしい機能をその世界一とも言える開発力でユーザーフレンドリーな機能を加えてくれました。

キーボードショートカットのグラフィック表示です。現在割り当てられているショートカットキーをウェブや解説本を見ないでソフトで表示してもらえます。

premierecc2017_01

これは便利そうですね。私のようにたまにしか触らないとショートカットキーとか覚えられないから使わないのですけれど、すぐ呼び出して確認できるのなら代表的なものは覚えることもできるかもしれません。

Premiere Pro CC のキーボードショートカット

紫色のキーはpremiere全体で使用するショートカットキー

青緑系の色はパネル固有のショートカットキー

一目でわかります。

独自にショーカットキー割り当てできたりもします。カスタマイズできるわけです。そのカスタマイズを「設定を同期」を使ってCloud上の別のPCでも利用できます。

ショートカットキー一覧もあって便利ですね。

さてどうやってPremiere Pro CC のキーボードショートカットのグラフィック表示させるのかな?とadobeユーザーガイドのPremiere Pro CC のキーボードショートカットのページを再び読んでみました。

premierecc2017_01

この↑の表示させるにはどうしたらいいのか?アレ?無い?

どこで表示させるのか、それこそPremiere Pro CC のキーボードショートカットのグラフィック表示を表示させるショートカットキーでも欲しいくらいです。adobeソフトは高機能だけど使いにくいし公式説明もどうもややこしい。

別のサイトで探し回ったので分かりました。

アプリケーションメニュー(Windowsは編集メニュー)→キーボードショートカット

参考にしたサイト

https://designlog.borndigital.jp/?p=12209

Luxeritas122
Windowsでは「編集」→「キーボードショートカット」です。

Luxeritas123
表示出来ました。

さてとこれでいろいろ便利になりそうです。

「フルスクリーン表示の切り替え」が無い?

さてさて無駄に時間を潰してもらえるadobeさんなのですけれど便利な機能も豊富なのがadobeさん。

ビデオ編集テクニックの基本

adobeさんがそんな迷子になる初心者向けのチュートリアルサイトを用意されています。気が利いているのか気が散っているのか。それでもやはり便利ですから使わせてもらいます。

premierecc2017_02
使い方の動画までついてナレーションで日本語説明のスクリプト付きです。これなら分かりやすそうですけれど、いろいろ悩ませてくれるいつものadobeさんです。

ショートカットキー「@」でカーソルのあるパネルがフルスクリーン表示されてもう一度「@」を押すことで元に戻ると教えてくれます。

まぁやってみるとそんな動作はいたしません。マックでは動くのかも?です。Windowsの説明はいい加減なのかな?って調べてみると「ctrl+@」キーでフルスクリーン表示になるとの情報がありました。どこにカーソルを合わせて「ctrl+@」を押してもフルスクリーン表示になりません。そこで登場するのがキーボードショートカットパネルです。これでどうなっているのか見てみればいいわけです。さすがは天下のadobeさん。いろんな解決法があるものです。

Luxeritas122
再び、「編集」メニューから「キーボードショートカット」選択します。

Luxeritas123

Premiere Pro CC のキーボードショートカットのページを再び読んでみました。ここにはショートカットキー一覧が画像ではなく表にずらずらと並んでいます。というわけでして「@」で全文検索してやればこのカーソル部分のパネルを全画面表示するショートカットキーについてもわかるわけです。
premierecc2017_03
ありました!「フルスクリーン表示の切り替え」と言うらしい。WindowsもMacもショートカットキーは「ctrl+@」キーですね・・・いくら押してもダメでしたけど。

premierecc2017_04
気を取り直してPremiere Pro cc の「キーボードショートカット」表示に戻ります。さすがはadobeさんです。検索できます。検索窓に「フルスクリーン表示の切り替え」と記入して検索すればショートカットキーがPremiere Pro cc 2017本体に備わっている状態として表示されるはずです。これなら間違いは無いはずです。だってそれで動くようになっているのですから。

premierecc2017_05
表示されたショートカットキーは「ctrl + ‘」となっています。
これで解決ではありませんね。「@」キーが「ctrl+@」キーになったのは良しとしても「ctrl +`」日本語JISキーボードは「`」は「Shift+@」でないと表示できないので、ショートカットキーは表示ではないので「Ctrl+Shift+@」では認識してはくれません。事実上「ctrl + ‘」はショートカットキーとしては不可能です。adobeさん恐るべし。

「フルスクリーン表示の切り替え」ショートカットキーの変更を試みたが失敗

でも世界のadobeさんですから設定してあるショートカットキーの変更カスタマイズも簡単にできるようです。

premierecc2017_06
検索窓に「フルスクリーン表示の切り替え」と記入してショートカットキーを表示させて、「ctrl +`」の部分をクリックします。

premierecc2017_07

「ctrl +`」の下に「x」が表示されてクリックすると消えます。ショートカットキー無し設定になりますがここでは「ctrl +`」をまず消してそのままショートカットキーを選択した状態で新しいキーをクリックするとそのキーがショートカットキーと新たに設定できます。

premierecc2017_08
ショートカットキーに「@」を設定して「ok」をクリックします。

premierecc2017_09
「@」キーをクリックするとフルスクリーンになりますね。以前はカーソルがあるところがフルスクリーンになっていましたが、選択したソースモニターかプログラムモニターしかフルスクリーンにはなってくれませんね。

プロジェクトモニターのメディアブラウザーとかはこの方法ではフルスクリーン表示は無理なようです。

フルスクリーン表示できました

もうすっかりあきらめていましたけど、フルスクリーン表示はダブルクリックで可能です。ショートカットキーなんて必要ありません。どうせマウスカーソルのあるパネルがフルスクリーン表示になるのですから、マウスカーソルを持って行ってそのまま表示させたいパネルのタブをクリックしてやればいいわけです。ショートカットキーで探すからわけが分からないことになっていました。前のバージョンが「ctrl+@」キーだったり、現在premiere cc 2017では「ctrl + ‘」だったり、Macでは「@」だったりで、いろんな話しの前提がWindowsでpremiere cc 2017で無いものが多くて大変ですね。しかしショートカットキーだけで時間浪費は凄い。

メディアブラウザーをフルスクリーン表示してみます

premierecc2017_10
フルスクリーン表示したいパネルのタブにマウスカーソルを持って行きます。例としてメディアブラウザーをフルスクリーン表示するので「メディアブラウザー」タブまで持っていてタブをまず選択して表示させてから、さらにタブをダブルクリックします。

premierecc2017_11
premiere cc 2017いっぱいに「メディアブラウザー」が表示出来ました。

premierecc2017_12
フルスクリーン表示から通常表示の元に戻す時にはまた「メディアブラウザー」タブをダブルクリックすることで元画面表示に戻ります。