Luxeritas WordPress テーマへの変更手順

2017/09/17Luxeritas

Stringer8からSimplicity2にテーマを変更してみて特に不足はないのですが、Luxeritasというテーマの評判が良いようなのです。

Luxeritas テーマ

新しいテーマですので最新のAMP、構造化データへの取り組みがなされていてそれでいて無料です。
更新も頻繁でかなり充実した内容です。

cssを触らずともブラウザに表示されたメニューからカラム数を変更できたりカスタマイズも自在で、私のようなWordPress初心者レベルにはかなりうれしい機能です。

 

Stinger8からSimplicity2に移行したのは、テーマの幅を広げるというだけでもStinger8は機能を絞り込んでいるのでStinger8としてユーザー向けにわかりやすくなく、さらに公開されたばかりでその紹介と結果について定かでは無いと言うことがありました。LuxeritasもSimplicity2に比較すると新しいテーマでかなり情報が多くありません。導入するとそのあたりは苦労があるのかもしれません。Simplicity2はすでに公開してから日にちも経過して、質問に積極的に答えてくれるようで、初歩的な質問は公式にあえて質問するまでもなくネットでいろんな方がよくあるQ&Aレベルの疑問をその解決法を公開されています。この辺がSimplicity2はポイントが高いですね。その辺りはSimplicity2が上回っているのですが新しいテーマで、Luxeritasはメニューから選択するだけでかなり自由にカスタマイズできて自在です。試してみる価値はありそうです。

人気急上昇中のWordPressテーマ Luxeritasへ変更

WordPressテーマ Luxeritasの良いところは最新の機能とデザインも良い、特筆すべきは表示スピードは最高峰だそうです。Simplicity2を利用させてもらっていてなんら不都合が無いのですが、一度Luxeritasを試してみることにしました。プラグインもそろそろ導入しようか思案していて表示スピードが重くなることもある程度考えないとならないので、テーマはできるだけスピードがあったほうが良いと思っていました。まだWordPressも始めたばかりで設定も多くないので今ならテーマを変えてもやることは少ないし、何かしら新しいテーマで問題あったらまたSimplicity2に戻ればいいでしょうし。

Luxeritas 変更手順

Simplicity2に変更したときとだいたい同じやり方でテーマ変更できます。やはりテーマ変更はSimplicity2みたいに情報が多いところに最初変更してみないといろいろわからないことだらけで苦労しますね。Luxeritasも親テーマと子テーマとあります。そしてWordPressにインストールして子テーマの方を有効化するようです。
http://thk.kanzae.net/wp/dl/
xserverwordpress58

lexechのほうが子テーマです。

テーマはzipで圧縮されていますが展開する必要はありません。zipファイルのままアップロードします。

WordPressマルチサイト設定でのテーマをSimplicity2からLuxeritasへ変更していきます。
wordpressmultisite05

マルチサイトの親サイトダッシュボードを開きます。トップメニューの「参加サイト」→「サイトネットワーク管理」か、その右の「ダッシュボード」で、ネットワークの親サイトダッシュボードが表示されます。
xserverwordpress28

 

 

xserverwordpress30
左側のメニューから「テーマ」をクリックします。

xserverwordpress59

現在使用中の「simplicity2子テーマ」が有効化されています。
まず、ダウンロードしたLuxeritas、Luxeritas子テーマの両方をアップロードします。ZIPファイルのままアップロードします。

xserverwordpress58

xserverwordpress60
「新規追加」ボタンをクリックします。

xserverwordpress34

「テーマをアップロード」ボタンをクリックします。
Luxeritas親テーマ、子テーマともにアップロードしていきます。順版として親テーマからインストールしていきます。子テーマインストール時に親テーマが先にインストールされているか確認します。

xserverwordpress36
「ファイルを選択」をクリックします。ローカルにダウンロードしておいたLuxeritas親テーマのZIPファイルを選択します。

 

xserverwordpress61

「今すぐインストール」をクリックします。

xserverwordpress62

 

「テーマのインストールが完了しました。」と表示されましたら、「テーマのページに戻る」をクリックして同じように子テーマもアップロードします。
「テーマのページに戻る」→「新規追加」ボタンをクリック→「テーマをアップロード」ボタンをクリック→「ファイルを選択」をクリック→Luxeritas子テーマを選択→「今すぐインストール」をクリック

xserverwordpress63

子テーマは親テーマのインストール確認をします。「親テーマ〇〇はインストール済みです。テーマのインストールが完了しました。」と表示されましたら無事インストール完了です。子テーマがインストールされたらネットワーク有効化をクリックします。

xserverwordpress64

これでインストールは終わりました。Luxeritas子テーマが有効化されていて、Luxeritas親テーマが無効化されているのを確認しましたら、今まで使用していてSimplicity子テーマを無効化します。

xserverwordpress65
親サイトのテーマを変えると子サイトのテーマも一括で管理されて変わるとマルチサイト設定の説明にあるのですが、どうもそれだけだとテーマは変わりません。各子サイトのダッシュボードを開いてLuxeritas子テーマ「有効化」ボタンをクリックします。

xserverwordpress66
Simplicity子テーマからLuxeritas子テーマに変えていってテーマ変更ができました。「新しいテーマを有効化しました。」

「現在のテーマ Luxeritas Child Theme」となっています。

他の子サイトも同じように変えていく必要があります。まだ有効となっているのは親サイトで無効にしたSimplicity子テーマです。どうしたら親サイトから一発でテーマ変更を全てのテーマに影響させられるのか方法がわかりませんが、実用的には子サイトのダッシュボードで変更していっても問題ありません。

とりあえずLuxeritasを各子サイトのテーマとなるように変更して、設定していくことにします。
前にSimplicity2のインストール説明だったのでそれで知ったのですが、子テーマを有効にし、親テーマは有効にしないと書いてあるのでLuxeritas親テーマはインストールだけして、有効にはしていません。

 

必要無いのかも知れないwp-config.php編集

以前、親サイトのテーマを変更してみても各子サイトは以前から使っているテーマのままで、変更されないので調べた時に、wp-config.phpにテーマを設定する項目があるのを知って新しいテーマ名を編集記入しました。結果は何も変わらなかったので、各子サイトダッシュボード上で有効化していって問題無いわけですが、おまじないのような感じですがここでも一応編集しておきます。

ドメイン/public_html にあるwp-config.phpをローカルにダウンロードします。
エディタソフトでそれを開いて
define(‘WP_DEFAULT_THEME’, ‘〇〇〇〇‘);
となっているので、〇〇〇〇部分をLuxeritas子テーマのファイル名に変更します。

xserverwordpress67
以前使っていたSimplicity子テーマのフォルダ名になっています。

 

xserverwordpress68
ffftpでドメイン/public_html/wp-content/themesと開くとWordPressにインストールされているテーマフォルダにアクセスできます。Luxeritas子テーマは「luxech」フォルダだとわかります。

xserverwordpress69

define(‘WP_DEFAULT_THEME’, ‘luxech‘);
と編集して上書き保存して、さらにそのwp-config.phpをアップロードして上書き保存しました。

一応変更しておきました。これで正しいのかする必要が無いのかも全く不明です。

これで一応のテーマ変更は終わりです。マルチサイト設定で無ければ親テーマと子テーマの順にzipファイルのままWordPressへインストールして子テーマを有効化、今までのテーマを無効化という流れで終わると思います。

テーマをLuxeritasに変えると続いてadsenseの設定する方とかカスタマイズする方にはやることはまだまだあります。
Luxeritas 2.1.0からのadsenseの貼り方

Posted by クチコミ探し