adsense審査通るまでに行った事

2017/09/17

adsense通るまで1ヶ月と数日かかりました

記事をある程度、文字数揃えて一貫したテーマで10以上あげておけば審査通ったのは今は昔です。事前にかなりGoogle adsenseに通るだけの手順を進めておくともっとスムースだと思います。

目次は必須です

adsenseに利用を申し込むとコンテンツにテキストや段落が含まれた意味のある文章であることが必要だということと、完成品で公開されている必要があるとメールが来ます。さらには、ユーザーが全てのセクションやページを見つけられるようにナビゲーションが必要だともあります。WordPressですとSEO対策がほどこされていて、他ページへのナビゲーションユニットをデフォルトで備えています。それでも一応関係する記事については自分で内部リンクを貼る方が良いでしょう。さらに各ページ内容に段落ごとに移動できる目次を設置する必要があります。これはGoogleからの要望なので必ず設置しましょう。

サイトをGoogle仕様にします

画像は軽量化して、代替テキストを挿入します。

WordPressでのサイト作成されている人はテーマを軽量化、SEO対応をなされたテーマに変更します。表示スピードが速いものが良いでしょう。

Google search consoleに登録します

これはかなり重要です。ウェブマスターツールと以前は言いました。ウェブマスターツールですとウェブを管理する人のためのツールだとわかりやすいのですが、Google search consoleと名前は変わりましたが、同じ役割ですのでGoogleの提供するウェブ管理ツールは導入すべきです。実際多種多彩な機能があります。これは登録にそのサイトの管理人であることを証明するコードを挿入したりして一層Googleにそのサイトの所有者であることを証明することができます。

一次審査は通りやすいようです

ブログをGoogleの求める目次をつけて、段落ごとにアクセスできるようにしました。画像も軽量化、テーマもSEO対策されてあって表示スピードを重視してLuxeritasにしました。Google search consoleに登録もしました。私の場合は1ヶ月くらいかかりました。印象的には目次の設置とGoogle search consoleに登録するのが必須という印象です。とにかくGoogleのツールは利用しましょう。

二次審査通過までにやったこと

記事は毎日一ページ量産する必要は無いようですが、週一くらいは書いていきました。過去記事の編集もしましたし、私の場合はマルチサイトですから別のサイトも作成しました。こうして複数のサイトやGoogleの対策やらやっている間に、WordPressの変更を行ったりしているうちにテーマにadsenseの審査申請コードを貼ってあった事を忘れて新しいテーマに変更してしまったりしました。

失敗もあったので通常二次審査通過にどれほどの期間必要かわかりませんが、私の場合こちらも一ヶ月と少しかかりました。

行ったこととして重要だと思うことはGoogleアナリティクスへの登録と、GoogleアナリティクスGoogle search consoleとの連携です。これは是非屋ってください。サイト承認作業があったり、連携にはかなり英語を日本語に訳したわかりにくい日本語を解読しながら進めないとなりませんでした。さらにGoogle search consoleの仕様が最近変更されて、参考になるサイトがあまりありませんでした。

Posted by クチコミ探し